YW動画(9)編集①

読み込んだファイルをまずiMacの動画編集ソフトFinal Cut Pro Xに取り込み。
読み込んだクリップ(動画)の音声を解析して自動で同期してマルチカムクリップを作成。これを作るとアングルの切り替えがわかりやすくなる。ただMacProを使ってた頃は自動だと1〜2時間かかってたマルチカムクリップの作成が今はほんの数分(汗)
iMacに変えた当初は「本当に同期出来てるの?」って思うほど早くなって心配したほど。

マルチカムクリップ作成画面。
音声同期なしでひとつひとつ手動で合わせる事も出来る。
以前は手動の方が早かった場合もあった。
作成されたマルチカムクリップ。
下の部分が11台のカメラの映像が同じタイミングで並んでいる状態。

同期の最中は他の操作ができなくなるので今まではその1〜2時間の間にユニフォームを洗濯したり入浴したりご飯を食べたりしてたのが今はその待ち時間がないので即編集開始✂️
即日アップロードが出来るようになったのもこの時間短縮がかなり大きい。

最近の編集はまずオープニング、選手紹介、エンディングの写真、Whales Informationの4つを作ってから肝心の試合部分の編集へ。

今日の選手紹介の作成
事前にファイル名を打順にした画像を読み込んでおくと並べやすい。
Whales Informationの作成。
これはテンプレートの写真を1枚ずつ差し替えてエフェクトを適用していく。

(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です